若槻千夏 いざこざについて

100%、不滅のものと言われる恋には母性がある。

女性らしい女性がそろって男性の力強さを愛さずにいられないのは、男の弱点を感じているからなのだ。

男性の特徴として、女性とコミュニケーションをうまくとることが苦手なのが当たり前な動物。

異性を「からかう」行為を、考えもせずチョイスしてしまっている。

現実には、無意識のからかうという動作の選択で意思の疎通をするのが苦手な女性との交流を持つことができる。

つまり、接待の精神のベースは意中の人にどのような方法で楽しんでいただけるかを悩むことと同じことです。

もてなしは恋することと違わないということです。



しのニートの中から生まれる

恋愛をする女性にとってはとても大切な生活の設計であってしかるべきだ。

これは男性が生涯の学ぶべき専門なり職業なりを選択するくらい真剣そのものに相手となる男性を選択しなければならない。!


初デートのときに女性をモノにしたいなら、レストランの選り抜きに力を入れろ。

自分の彼女にしたい女性が笑顔で気に入ってくれるようであれば、自分を賛同してくれたメッセージとおなじと思うのが当たり前。

恋人をいとおしく思う気持ちが減るにしたがってなんとオキシトシンという物質が体内で作られ、そのせいで体が硬くなる。

男性の手に触ってみたときに今までと違って硬さを感じるようなら異性をいとおしく思う気持ちがなくなった証なのかも。



かあさ社畜は、オタクの中から生まれるんだね。うん。

どういうふうに“女らしさ”(優しさ、癒し、包容力)をいいなと思っている男性に伝えるのかが必要であり、最高の条件でもある。

魅力ある女に感じてほしい気持ちに男性は引き込まれる。

気を使ってくしゃみを両手で口を覆い隠して、音をできるだけ静かにしようとするような人は小悪魔体質なのです。