1984年 舞台について

高い空は女の恋愛のようなものであり、どこまでも深い海は男性の恋する気持ちのようなものである。

どちらの恋も下と上との地点に決して越えることができない限度が存在しているということに気付かないのが当たり前である。

行きつけのカフェでコーヒーを楽しんでいるとき、「私とあなたの関係って、アツアツに見えるかな?」と恋人に囁いてみて。

急にこの質問を使って尋ねられた男性は、とてもあわてるよ。

よく聞く、一目惚れとは「自分自身の理想的な実在しないイメージにハートを打ち抜かれている」そんな事態でいることばかり。

いわゆる「イメージの投影」というよくある心の動き!

歌里那恋の魔法

相手への愛情というものは義理という関係の鎖で保たれているのです。

そうしてほとんどの人間の気持ちの基本は善ではないということなので、義理に頼った関係は自分の性質で淡々とたち切ってしまうものだ 
\xA3

異性への愛情が不足するとオキシトシンという不思議な物質が体内で作られ、物質の影響で体が硬くなる。

相手の手を握ってみてこれまでのような柔らかさを感じなければ異性への愛情がなくなったしるしなのである。

いわゆる恋愛(れんあい)は、人間が他人に対して生じさせるとても情緒的で親しい関係を欲する感情で、その感情以外に、相手への甘い感情に基づいたたくさんの恋慕で一杯になった態度や動きを伴うことがふつうである。



あみか恋の小技集

接遇の本質は、ターゲットの人にどうやって目を細めてもらえるかを考えるということであります。

接遇は恋愛そのものと言えます。

世の中の不滅のものと言われる恋愛の中には母親としての愛がある。

女らしさがある女性がみんな男の激しさを知ってひかれるのは男性の隠れている弱さを知っているからにほかならない。

一般的には愛というも\xA1
ののとらえ方を「自分が愛する」という課題や、「パートナーを愛す\xA1
る能力の評価の問題」としてではなく、「愛される自分」という立場として思っているのが普通だ